素性構造型対応AZ-Prolog Ver.9をリリース致しました。ぜひ一度おためしください。 x

SAINetSystem

概要

自然言語インターフェースを装備した知識応答システムです。
インターネットを経由してチャットのように日本語による応答ができます。
日本語文を入力することにより、システムに知識(情報)を記憶したり、この記憶された知識について質問をすることにより、日本語文で回答が得られるシステムです。

どんなときに使うの?

検索エンジン

  • 会話形式によるホームページの案内人
  • インターネット検索エンジンのマンマシン
  • インターフェース
  • 会話形式によるデータベース問い合わせ
  • 会話形式による質問の受け付けと回答(Q&A)

文書の記憶と理解

  • 会話形式によるアンケートシステム
  • 受信メールから、情報抽出
  • 翻訳システム
  • ロボットの命令を自然言語にて行う

応答システムの仕組み

応答システムの仕組み

応答モデル

SAINetSystemイメージ

基本的な発話のしくみ

自然言語による応答の基本は、自然な対話として情報のやりとりが行われることです。
SAINetシステムは、基本的な発話として、以下の3つの応答パターンを実行します。

  • 平叙文→記憶
  • 質問文→回答
  • 命令文→実行

応答システムの基本エンジン

1. [構文解析モデル] 

■平叙文なら記憶、質問文なら回答
平叙文:赤い花が好きです→記憶
質問文:何が好きですか?→回答
回答文:赤い花です

2. [意味モデル]

■言い回し(丁寧語、文尾変化等)
お名前→名前、 行きます→行く、 私です→私だ

■語順
彼女は花を学校に持って行きました
→彼女は学校に花を持って行きました 

■同義語
私は車でテーブルを運んだ
→僕は自動車で机を運んだ

3. [推論エンジン] 

質問の実行は、回答を探す推論エンジン

■省略文
私は犬と散歩に行きました
→→あなたは(犬と)散歩に行きましたか?

■文脈理解(意味検証)
私ははさみを買いました
→それで紙を切りました

SAINetシステムの実行環境

本システムはインターネット上で、通常のCGIでは実現できない複雑なサービスを実現するための実行環境を提供します。

インターネットからのリクエストを受け付けると、クライアント専用のプログラムが起動されます。セッションが途切れてもこの専用プログラムは終了せず、その後の接続においてもこのプログラムに接続されます。

よって、データを再ロードする必要がありませんので、CPU負荷も軽減し、またレスポンスも速くなります。

一定時間経過後、またはログアウトにより専用プログラムは終了します。

システムの全体図

システムの全体図
↑ Back to Top